外貨建て投資信託の仕組み

外貨建て投資信託は、日本の通貨である円ではなく、外国の通貨を利用して行われる投資信託になります。

外貨建て投資信託では、資産の運用などのために利益を求めるために行っていくことになりますが、この利益を生み出す部分は外貨建て投資信託には二つの種類があり、それぞれに利益が生まれる仕組みが違っています。

多くの人が難しく考えてしまう事は、外貨建であるという事になり、日本の円ではなくなじみの薄い外貨を使った取引であるということにより、どうしても苦手意識を持ってしまう事もあるかもしれません。

しかし、外貨建てによる利益の発生は極めて単純なものになり、これは外国為替市場の相場レートの変動によって、通貨の価値が変わることに由来しています。

例えば、外国産の1体10ドルのぬいぐるみがあり、これを買う場合には、1ドル100円の為替相場であれば、1000円でこれを買うことができるという事になります。
これがもし、1ドル90円の為替相場に変動すれば、1体900円で買うことができることになり、また為替相場が1ドル110円に変動していれば、1体1100円で買うことができるということになるのです。

このように円の高い状態、先ほどの例で言えば1ドル90円の状態で外貨建て投資信託を利用すれば、少ない投資金額で多くの投資信託を買う、つまり投資信託への投資金の量が増えることになります。
もちろん、円が安い状態、先ほどの例で言えば1ドル110円の状態であった場合には、同じ金額を投資しても、少ない資金しか投資できないことになります。

外貨建ての場合には、日本の円を外貨にするときと、また外貨を日本の円に戻すときにも同じようなことが起こり、この場合には先のような状態が逆転します。

つまり、今度は外貨を円に戻すために、例えば10ドルという同じ数量の外貨を日本の円に戻す場合では、1ドル90円の状態では900円しか戻ることがなく、逆に1ドル110円の時には1100円が手元に戻ることになるのです。

このようにして、外貨建て投資信託の外貨部分では利益を出すことができる仕組みがあるのです。

もう一つの仕組みは、投資信託の部分になり、これは投資家が資金を証券会社に預けることにより、会社がそれを取りまとめて、プロの投資家が株式や債券といったさまざまな投資銘柄へとこれを運用して、利益を作り出してくるものになります。

こうした事により、わたしたち投資家は、いろいろな投資の知識を学んだり労力をかけることなく、プロの投資家が運用してくれた利益を得る事ができ、これが投資信託で利益を作り出す仕組みになっているのです。