投資信託も商品として取り扱われている

外貨建て投資信託とは、日本国内にもある投資信託を外貨建てにし海外の投資を利用して行うものになり、国内のものよりも金利の高いとされている魅力的な株式や債券を投資商品として組み合わせて利益を求め、また外貨建てによる外国為替相場の為替差益も利益にすることができるものとなっています。

前提として、外貨建て投資信託は外貨建て、つまり日本の円ではなく外国の通貨によって取引が行われるものとなるため、投資を行うためには日本の円から外国の通貨へ、そして投資した資金を戻す際にも、外国の通貨から日本の円へと通貨の交換をする必要があります。

この事から、円高の際に投資を行えばより多くの資金を外貨に換える事ができ、また円安の際に資金を戻せばより多くの日本円に交換交換することができるために、円建ての投資信託よりも大きな利益が得られる可能性が高くなるのです。

さらに、外貨建て投資信託では海外の投資銘柄を利用した商品が多くあるために、こうしたものを利用することによって、効率的な資産運用が行えることになります。

投資信託で運用される信託は、株式や債券などさまざまな銘柄が利用され、この組み合わせによっていろいろな金融商品として取り扱いがされています。

こうした投資信託は、投資信託運用会社がその銘柄の選定と組み合わせを行い商品を作り上げ、実際に行われる投資取引の指揮を執ることとなっています。
この投資信託運用会社の指示に従い、資金の取りまとめと実際の投資の運用を行うのが信託銀行であり、この組み合わせで行われる投資信託を商品として売り出しているのが、販売会社である証券会社などという事になっています。

このようにして作られている投資信託は、投資信託運用会社が選定する銘柄の組み合わせによって、いろいろな商品が存在しています。
代表的なものとして、株式投資信託、債券投資信託、不動産投資信託などがあり、またこれらの種類を複数にバランスよく組み合わせた投資信託も商品として取り扱われています。

投資信託は、この投資銘柄の組み合わせによる商品ごとに、得られる利益やリスクの度合い、運用期間などがことなっていますので、わたしたち投資家はこうした投資信託の中から、自分の資産運用のスケジュールなどに見合うものを選択して投資を行うことになります。

例えば、株式投資信託は企業が発行する株券に対して投資を行うために、企業の業績などによって利益が大きく出る事がありますが、業績が落ち込めば利益が少なくなる場合があり、債券投資信託では国や企業などが発行する債権に対して投資を行うために、利益の大きさはそれほどではないですが、確実な利益獲得ができるという特徴を持っているのです。