外貨建て投資信託のメリット

外貨建て投資信託では、わたしたちに投資取引の経験がなく、例えば株式の仕組みや債券の仕組みなどが理解できていなくても、資金を投入することによって利益を得る事が可能となっており、こうした場合には非常にメリットの大きい投資取引となっています。

外貨建て投資信託では、投資信託としてのメリットと外貨建であるという事によるメリットを受ける事ができるため、通常の投資信託よりも大きな利益を生み出す可能性があるのです。

まず、投資信託としてのメリットですが、先にもあった通りに、わたしたち投資家は資金を信託会社に預けるだけで、利益を得る事ができるという事が最も大きなメリットになるでしょう。

投資信託は金融商品であり、証券会社などで取り扱われていますが、私たちはこれを購入して資金を預ける事をし、その後は利益の支払いを受けるだけで、その間は特にすることはないのです。

例えば株式投資などでは、実際に株式市場に向かって売買の注文を入れなくてはなりませんが、投資信託ではそうした事をすべてプロの投資家が肩代わりしてくれ、専門的な知識や経験などをもって、わたしたちの投資した資金を運用して利益を生んでくれるのです。
これにより、わたしたちは時間も労力も使うことなく、資金を預けるだけで利益を得る事ができるようになっているのです。

また、投資信託では、プロの投資家が選択した複数の投資銘柄に、しっかりと投資を行ってくれるために、資産を安全に運用することが可能となっています。
わたしたちが個人で投資をする際には、多くの場合は一つの投資だけに資金を投入しますが、こうした場合にはその投資が失敗してしまえばそれによって被る被害が大きくなります。
しかし、この資金を10個の投資に振り分けて利用すれば、すべてが同時に失敗してしまう可能性は極めて少なく、リスクを軽減できるのです。

さらに、外貨建て投資信託ではこうしたリスクの回避という部分においても、日本円で行う通常の投資信託よりも優れた部分があり、外国の通貨で資産を持つ事になるので、万が一、日本の経済が破たんした場合でも、外貨建ての資産はそのままの価値で残ることになるため、大きなメリットとなるのです。

また、外貨建てしているものは、受け取りの際に日本円に戻すことがほとんどですが、この際に為替相場の状況によってはさらに大きな利益が得られる可能性があることもメリットの一つでしょう。

例えば、為替相場が1ドル100円の際に100万円を使って1万ドルで建てた信託が、満期になって戻ってくる際に、その相場が1ドル110円になっていれば、同じ1万ドルであっても110万円になって戻ってくることになるのです。