円安の場合

外貨建て投資信託では、 海外の通貨を利用して投資信託を行う投資商品になり、その銘柄の種類にもさまざまな物があるために、わたしたち投資家にとっては資産運用に関しての強い見方になってくれます。

特に外貨建て投資信託では、通常の外貨取引とは違い、その先に海外の株式や債券などのによって行われる投資信託での投資効果があるために、例えば金利の設定などにおいても、日本国内よりも海外の方が有利な元のなっているために、より資産の運用効果が高くことが知られています。

もちろん、海外の企業の株式を利用して投資を行ったり、海外債券での資産運用などを行う場合には、日本国内よりも情報などが得難いことは当たり前ですし、経済の仕組みなどにも相違点があることによって難しい投資取引となり、また、言葉の壁というものも、大きなハードルとして立ちはだかることがあります。

しかし、投資信託であればこうした問題も解決でき、わたしたちが投資した資金は外貨建て投資信託を販売した証券会社などが取りまとめ、信託会社のプロの投資家がこの資金を投資運用して利益を作り出し、この利益が私たちの元に分配されてくる仕組みとなっているのです。

このように、外貨建て投資信託を利用することによって、普段は接点のない形の投資と向き合うことができるのも特徴の一つになりますが、やはりこの外貨建て投資信託の最大の特徴としてあげられるものは、為替相場のレート変動による投資効果の増大になるでしょう。

外貨建て投資信託では、文字どおりに投資信託を外貨建てで行いますので、日本の円で行うのではなく、これを海外の通貨に両替して投資を行うことになり、また投資が終了した時点では、海外の通貨を再び日本の円に戻すことが行われます。

この通貨の交換を行う際に、外国為替市場での為替相場のレートが関わってくることで、その利益や損失が変わってくることになります。

外貨建て投資信託を行う上では、交換する通貨に対して円が安い場合、いわゆる円安では、投資信託が満期になった利益を受け取る際に、円建ての投資信託よりも大きな利益を得られる可能性があります。

例えば日本の円とアメリカの米ドルとの外貨建てで投資信託を行ない、1万ドル分の満期金が受け取れるような場合、これが1ドル90円の相場であった時と、1ドル100円の相場であった時と比べてみると、その違いがわかると思います。

同じ1万ドルであっても、ドルに対して円が高い価値を持つ1ドル90円の場合には
日本円で90万円の価値になりますが、これがドルに対して円が安い価値を持つ1ドル100万円の場合には日本円で100万円の価値になるのです。

このように、外貨建て投資信託を行う場合で、その投資した利益を回収する場合には、円安の状態の為替相場で行うようにすると、より大きな利益を得ることが出来るのです。