外貨建て投資信託

外貨建て投資信託とは、資産を運用するなども目的で利用される投資商品になり、証券会社などにて取り扱われているために、わたしたちにも比較的に行いやすい投資の一つとされています。

外貨建てとは、日本の通貨ではなく海外の通貨によって取引が行われることを意味しており、また投資信託は、信託会社に投資を行う資金を託して運用をしてもらい、そこから得られる利益を得るものとなります。

投資信託では、わたしたち投資家は証券会社などの投資信託を販売している会社から投資信託を買うことになります。
投資信託には、どのような条件の下で、どのような取引銘柄を利用して投資を行うのかなどがそれぞれに決まっており、これが商品として売られていることになり、投資信託では株式や債券など幅広い銘柄が組み込まれており、これによって投資信託にもさまざまな種類があるのです。



投資信託を行うことで、例えば株式投資などの知識がなくとも、私たちの代わりにプロの投資家が資金を運用してくれるために、安心して資産運用が行えますし、また資金を預けることによって運用が行われますので、投資に時間を掛ける必要も無いという事になります。

また、預けた資産は様々な投資銘柄に投資されることがほとんどになり、例えばわたしたちが個人的に取引を行った場合には、一つの投資になりがちになり、種類の違う複数の投資に資金を分配することは難しく、万が一、その数少ない投資で失敗すれば、そのまま大きな損失が資産に打撃を与えることになります。

しかし、投資信託であれば複数の投資銘柄にバランスよく投資を行ってくれるために、こうしたもリスクを回避することも可能になるのです。その手段のひとつとして有望視されているのがAustralia Highlowという短期トレードを中心にした通貨取引です。

このような特徴のある投資信託を外貨を利用して行うものが外貨建て信託になり、外貨建てをすることにより、金利の低い日本の通貨ではなく、金利の高い海外の通貨による資産の運用も可能になります。
さらに、海外の投資銘柄を利用して投資を行うこともできるために、日本国内の投資銘柄での運用よりも大きな利益を望むことが可能となっています。

また、外貨建て投資信託は、外貨での取引を行っているという利点もあり、こうした事から、この外貨から日本の通貨に戻す際に、為替相場のレート変動によってその利益を得る事ができる事もあります。
こうした事により、日本の通貨での投資信託よりもさらに大きな利益を望めるために、資産運用に対しても効果が期待できるのです。